ドライカットの魅力は何と言っても、「自然さ」です。 「長さを切る」と言うよりも、「要らない所を削る」という彫刻をしていくようなもの。 ウェットカットでは表現できなかった、ドライカットならではの、自然な髪の動きをお楽しみ頂けます。

インフォメーション

「ドライカットについて」作成中です。

このサイトについて

はじめまして。
大阪で美容室をしている山田と言います。
このサイトは、ライカット(DryCut)を多くの美容師に分かってもらおうと思い立ち上げました。

私の美容師の経験の中で、ドライカットとの出会いが大きく影響を与えました。
美容師として、一人でも多くの方に、何らかのきっかけを提供できたら。
ドライカットは、お客様から本当に喜んで頂ける技術です。
自分のサロンで働いてくれるスタッフだけではなく、
一人でも多くの美容師がお客様に提供できるようになれば、
結果としてより多くの方に喜んで頂けるものと確信しております。

私も経験がありますが、ドライカットと聞いても、
「乾かして切るヤツでしょ?」
「スライドカットは、髪を傷めるよね。」
「オレも仕上げでやってるよ!」
と言う印象、認識でした。

が、実際はウェットカットとは全くの別物です。

一人ひとりの髪質、毛流、クセに合わせて彫刻のようにカットしていきます。
正しくオーダーメイドなカット技法です。

ドライカットが優れていて、ウェットカットがダメだと言う訳では有りません。
ただ、ドライカットでは、ウェットカットでは得られない仕上がりが可能です。
私は、ウェットカットに戻ろうとは思えませんので、
30年の美容師人生の半分はドライカットをさせて頂いております。

ウェットカットに満足出来ない方にはぜひチャレンジして頂きたいと思います。


なぜ、いち美容師が利益にも成らない、このような事をしているのか?
疑問を持たれるでしょう?
私の独断と偏見で構成した理論などを見て、憤慨される方もいらっしゃるかも知れません。
わざわざ、労力とリスクを負ってまで、なぜ?

2011年3月11日の東北大震災。
自分に何が出来るのか?
自分にしか出来ない事は?
私はいつまで生きているのか?
何か、伝える事は出来ないのか?

311の震災は、多くの方にとって人生の転機だったのではないでしょうか?

それ以降、私は行動に理由を付ける事を止めました。
海外にも度々行きました。
なぜ行くのか?
以前なら、今の事情を考え、メリットがある理由が無ければ行きませんでした。
こうこう、こう言う理由で、こう言う事を習得するために・・・
と、周りを説得していたでしょう。
しかし、震災以来、
「行きたいと思ったから行く。」
ただそれだけ。

実際、
「何でオレは今、飛行機に乗っているんだろう?」
って思ったことは何度もあります。
そんな時、
「まぁ、いいや!死ぬ時分かるだろう!」
って開き直っていました。

帰りも、何を得たか?
など、考えもしません。


要するに、行動、思考に対して「。」を付けない。
「○」を付けたら終わってしまう。
それは勿体無いと思うんです。
どこに繋がるか分からないのに、「○」をつけた時点で完結してしまう事が。
今の行動の結果は、死ぬ直前に繋がり、分かるかも知れません。
死ぬ時に「。」をつけようと思います。


今の世の中、
政治も経済もウソだらけ。
お金を貯めたところで、そのお金もだたの幻想、単なる約束だけなのかも知れません。
それなら、自分に投資をしよう。
色んな経験をして、自分を成長させよう。
成長した自分、経験は誰も奪うことが出来ません。

25歳の時、バイクで死にかけました。
でも、生きていました。
なぜ、自分は生き残ったのか?

小学校の時、ランドセルを背負いながら、
なぜ、自分はここに居るのか?
と考え、不思議でした。

小学校の時に不思議に思った自分の存在理由。
死ぬまでに見つけられるかな?
多分、見つける事は出来ないような気がします。
きっと、見つけた時は死ぬ時かもして\れませんね。


ちなみに、
スタッフにも、こんな事言ってませんので、戸惑っていたかも知れません。
自分の行動に対する意味を誰かに説明して
定義付けた時点で、行動の理由になってしまいます。
それがイヤだったんでしょうね。


私のサロンでは現在、二人のスタッフが残ってくれています。
実際、良く付いて来てくれてるなぁ。
と感心します(・_・;)
二人とも、何かの縁で知り合って、全く違う性格の二人が妙にバランスよくて。。。
立派に技術者に育ってくれています。



私の美容師仲間は、良くセミナーに行ったり、
グループを作って勉強会をしています。

メンタル面、テクニック、集客、人材育成・・・。
オーナーは孤独です。
オーナー同士、それはそれは理解し合えます。
皆、悩みは同じ。
集客・スタッフ教育・来店サイクル・客単価アップ・・・。
売り上げとは、客単価 X 来店サイクル X 顧客数 ですよね。

経営的には、
お客様の単価を上げる努力
ご来店サイクルを早くする努力
お客様の数を増やす努力


私も経営者の端くれですので、ちょっとは知っています。
経営的には間違い無いでしょう。


しかし、私がサロンで実行している事は、
トリートメントメニューなどで単価を上げるんではなく、
良い物を正当な価格でご提供する努力
少しでも長くスタイルが保たれるようにする努力
無理なご予約は取らず、お断りする努力。
加えて、
営業時間を縮める、休業日を増やす努力です。

おそらく、世間一般とは真逆かも知れません。


でもね、胸を張って、自分の仕事に、行動に誇りを持てたら良いかなぁーと。
それで食っていけたら良いや!って思っています。
しかし、不思議なもので、来店サイクルなど考えなくても、
お客様のご来店頻度は早い。
お客様の、お一人当たりの単価も高い。
毎日、ご予約をお断りしている状態です。


自分の意識が上がれば、同じようなお客様がお越しになります。
自分が正直になれば、正直なお客様が。
自分が計算高くなれば、計算なさるお客様が。


折角、独立したんだから、好きなようにしたいですよね。


世の中、計算通りび行きませんって(^-^)



こんな、私が美容師として、人間として、何かを伝えようしているサイトです。

何かの、どなたかの足しになれれば幸いです。


大阪 美容室Hair's・Bar・BIN  代表 山田敏之




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0